QUALITY

Image photo

QUALITY
美しさと、毎日の使いやすさに
配慮した
充実の
設備仕様をご用意致しました。

Structure
ゆとりある日常を、
大切な住まいの構造から考えました。

  • 土質調査

    敷地の地盤性状を調べるため、土質の調査や標準貫入試験等の調査を行い、支持地盤について、支持力があることを確認しています。

  • 杭基礎

    地盤調査を行い、杭基礎を採用。建物を支える基礎として、既成コンクリート杭を支持層まで打ち込んでいます。(住棟のみ)

    ※掲載の概念図は、構造をご理解いただくための簡略化されたイメージ図です。実際の支持層には起伏があり、支持層までの深さは場所により異なります。
  • 溶接閉鎖形帯筋

    溶接閉鎖形帯筋は従来の工法と異なり溶接による安定した強度の確保によって地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、揺れに対しても粘り強い柱を実現するように配慮しています。(※一部除く)

  • 二重天井

    全居室を二重天井とし、配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを減らすことで、将来的なリフォームのしやすさ等にも配慮しています。(※Hr、Irタイプは二重床となります。)

  • ダブル配筋

    鉄筋コンクリート造の耐震壁の鉄筋は二重に配筋。シングル配筋に比べ、強い構造強度も得ています。(※一部除く)

    ※掲載の概念図は、構造をご理解いただくための簡略化されたイメージ図です。実際の支持層には起伏があり、支持層までの深さは場所により異なります。
  • コンクリートかぶり厚

    溶鉄筋を包むコンクリートのかぶり厚を建築基準法に基づき確保。構造体の耐久性を向上させています。

  • コンクリート設計基準強度(建物構造躯体 ※外構・付属施設・基礎等の一部を除く)

    建物構造躯体のコンクリートは、1m2あたり約3,000〜3,600tの圧縮に耐えられる程度とされる、設計基準強度30〜36ニュートン(N/mm2)のコンクリートを採用しています。

    ※N/mm2(ニュートン)とは、コンクリートの強度を表す単位。1N/mm2とは、約10kg/cm2のことで、10kgの圧力に耐えられる程度とされる強度のことです。
  • 危機対応エレベーター

    エレベーター運転中に一定以上の震度を感知した場合、直ちに最寄り階に緊急停止する地震管制運転システムを導入。停電時にエレベーター内に閉じ込められる心配が少なく、外部に避難しやすくしています。

  • 耐震枠付オリジナル玄関ドア

    強い地震による揺れで玄関扉の枠が歪んでもドアを開けられるように、耐震枠付のオリジナル玄関ドアを採用しています。

  • 外壁・戸境壁

    外壁のコンクリート厚は躯体約150〜200mm。戸境壁も約180mmを確保し、ビニールクロスは下地に固定した石膏ボードに貼る工法を採用。快適な居住空間を目指しました。(※一部除く)

  • 複層ガラス・T-2サッシ

    外部からの騒音に対して、約30dBの低減効果をもつ「T-2等級」のサッシを採用しています。

    ※「T-2等級」とは、JISにより定められた測定環境(換気スリーブ等は考慮しない)において、500Hz帯域の音を30dB程度軽減させるサッシの一般的な遮音性能を表すものです。※軽減値はサッシの性能値であり、実際の建物においては通気口とその他の開口部があるため、これらの開口部を遮覆しない時の部材自体の遮音性能よりも10%前後低下する場合があり、環境により異なります。
  • 住宅性能評価を取得

    第三者機関(国土交通大臣登録住宅性能評価機関)が、客観的な基準に基づいて住宅の性能を評価する「住宅性能表示制度」を導入しています。

  • 劣化対策等級3(最高等級)

    劣化対策等級は構造躯体等に使用される、材料の劣化を軽減する対策です。本物件は最高等級の等級3を取得しています。※3世代(おおむね75〜90年)まで大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するために必要な対策が講じられている。

  • フラット35S利用可能

    住宅金融支援機構が定める条件をクリアした物件に適用される【フラット35】Sが利用可能です。

※掲載の絵図は、本物件に採用されている構造・設備をご理解いただくための概念図で実際とは異なります。
※掲載の設備・仕様に関する説明は、メーカー資料または一般的な表現を用いており、使用状況や環境等により効果・内容は異なります。