ッサムテラスプロジェクト」

開放感、光、風、潤いの気持ちよさ・・・。
それは、人間が求める普遍的価値と言えるでしょう。

“都市の河畔”というべき「戸塚」の美しいリバーフロントと出逢い私たちが見つけたもの。
それは「モネの睡蓮」のために造られた、
パリ・セーヌ川沿いの「オランジュリー美術館」というモチーフでした。

そのミュージアムには、自然光が差す広大な展示室が造られています。
本プロジェクトは、「光と潤いの美」を存分に取り込み、
開放感と光に包まれて暮らすという、
都市のリバーフロントの理想の暮らしを、ここに目指しました。

「戸塚」駅から続く自然豊かなフラットアプローチ。
その先に広がるリバーフロントに、
セーヌ河畔の美術館をモチーフにしたプレミアムプロジェクトが始動。

ここに、光溢れる「美の邸宅」が誕生します。