1. ヴェレーナ北大宮レジデンス トップ
  2. クオリティ
  3. セキュリティ・構造

SECURITY

  • セントラル警備保障と連携した、24時間オンラインセキュリティ
    セキュリティシステム概念図
    セントラル警備保障と連携した、24時間オンラインセキュリティ
    セントラル警備保障とのオンライン化により24時間セキュリティを実施。火災などの異常が発生した場合には、敷地内の各所に設置されたセンサーが感知して自動的に通報。住戸内のインターホンに非常ボタンを設置しているので、万一の際には警備員が駆けつけます。
  • 安全と安心で笑顔をつなぐ「MIWA-Link’s」
    概念図
    安全と安心で笑顔をつなぐ「MIWA-Link’s」
    お子様などご家族が帰宅時に登録されたノンタッチキーにて共用エントランスを解錠すると、ご家族が通過した時間をメールにてお知らせします。
  • カラーモニター付オートロックシステム
    概念図
    カラーモニター付オートロックシステム
    エントランスには、「ノンタッチキー」によりオートロックを解錠できる「セキュリティシステム」を導入。また、カラーモニター付インターホンには犯罪抑止効果を高める「来訪者の画像録画」等の機能も搭載しています。
  • 防犯性と操作性を高めた「オリジナル玄関ドア」を採用
    防犯性と操作性を高めた「オリジナル玄関ドア」を採用
    防犯建物部品 CP

    このマークは「防犯性の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定められた防犯性能試験を行い、想定される侵入手口による攻撃に対して5分以上防ぐことが確認された製品を示すマークです。

  • 集合住宅用インターホン「dearis(ディアリス)」
    集合住宅用インターホン「dearis(ディアリス)」
    住宅情報盤は、マイク・スピーカー孔を⽬⽴ちにくく配置し、凹凸を最⼩限にしたフラットデザインとすることで、スマートな印象を与えます。
  • シリンダー錠(リバーシブルタイプ)
    参考イラスト
    シリンダー錠(リバーシブルタイプ)
    1,000億通りの鍵違い数を実現し、ピッキングなどの不正解錠を抑える「シリンダー錠」を採用。左右対称のリバーシブルタイプなので、どちらの方向に差し込んでも操作が可能です。
  • 防犯センサー
    参考写真
    防犯センサー
    ※1階各住戸の一部窓・ルーフバルコニー付住戸の一部窓(FIX及び面格子付窓除く)
    窓からの侵入に備えるため、1階各住戸の一部窓・ルーフバルコニー付住戸の一部窓に防犯窓センサーを設置(FIX及び面格子付窓除く)。システム作動中にセンサーが異常を感知すると、住戸内に警報音を発して威嚇するとともに、警備会社に通報します。
  • 防犯カメラ
    参考写真
    防犯カメラ
    敷地内や共用部の要所には、「防犯カメラ」を設置。暮らしの安心を見守ります。
  • 防犯サムターン
    防犯サムターン
    サムターン回し対策として工具で引っ掛けても回しにくいように、ボタンをつまんで回す方式としています。
  • 鎌デッド錠
    鎌デッド錠
    デッドボルトの鎌部が枠に引っかかるので、玄関ドアの無理なこじ開けを困難にします。

STRUCTURE

  • 杭基礎
    概念図
    杭基礎
    綿密な地盤調査をおこない、建物を支える基礎として、高支持力杭(既成コンクリート杭)工法にて支持層まで打ち込んでいます。
    ※掲載の杭基礎概念図は、構造をご理解いただくための簡略化されたイメージ図です。実際の支持地盤には起伏があり、支持地盤までの深さは場所により異なります。
  • 溶接閉鎖型帯筋
    ※一部除く
    溶接閉鎖型帯筋 ※一部除く
    溶接閉鎖型帯筋は従来の工法と異なり溶接による安定した強度の確保によって地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、揺れに対しても粘り強い柱を実現するように配慮しています。
    ※一部除く
  • 外壁・戸境壁
    外壁・戸境壁
    外壁のコンクリート厚は躯体約150〜180mm。戸境壁も約180mm確保し、快適な居住空間を目指しました。
  • 直床・二重天井
    直床・二重天井概念図
    直床・二重天井 ※一部タイプ除く
    配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを減らし、メンテナンスやリフォームへ対応しやすいように直床・二重天井を採用しました。将来のことも配慮した仕様です。
    ※一部除く
  • コンクリート設計基準強度(建物構造躯体 ※外構等を除く)
    概念図
    コンクリート設計基準強度(建物構造躯体 ※外構等を除く
    建物構造躯体のコンクリートは、1㎡あたり約3,000~3,600tの圧縮に耐えられる程度とされる設計基準強度30N~36N(N/m㎡)※1以上のコンクリートを採用しています。
    ※1:N/m㎡(ニュートン)とは、コンクリートの強度を表す単位。1N/m㎡とは、約10kg/c㎡のことで、約10kgの圧縮に耐えられる程度とされる強度のことです。
  • ダブル配筋
    ダブル配筋概念図
    ダブル配筋 ※一部除く
    鉄筋コンクリート造の耐震壁等の鉄筋は二重に配筋。(※一部除く)シングル配筋に比べ、強い構造強度を得ています。
  • コンクリートかぶり厚
    概念図
    コンクリートかぶり厚
    鉄筋の錆びを長期間にわたって抑制するために、コンクリートのかぶり厚を建築基準法に基づき確保しました。これにより雨など水分の浸透を防ぎ、構造体の耐久性を向上させています。
  • 危険対応エレベーター
    地震管制運転システムエレベーター概念図
    危険対応エレベーター
    エレベーター運転中に一定以上の震度を感知した場合、直ちに最寄り階に緊急停止する地震管制運転システムを導入。停電時にエレベーター内に閉じこめられる心配が少なく、外部に避難しやすくしています。
  • エレベーターチェア(災害時エレベーター内閉じ込め対策)
    参考写真
    エレベーターチェア(災害時エレベーター内閉じ込め対策)
    参考写真
    エレベーターチェア(災害時エレベーター内閉じ込め対策)
    普段はエレベーター内での腰掛けや荷物置きとして、災害時は飲料水やライトが収納されており、非常用トイレとしても使えます。
  • 耐震枠付玄関ドア
    概念図
    耐震枠付玄関ドア
    万一、強い地震による揺れで、住戸の玄関扉の枠が歪んでもドアを開けやすいよう、耐震枠付の玄関ドアを採用しています。
  • 住宅瑕疵担保責任保険に加入
    住宅瑕疵担保責任保険に加入
    新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に保険金が支払われる制度です。保険加入の申込みは、事業者が行います。
    ※上限額有
  • 劣化対策等級3(最高等級)
    劣化対策等級3(最高等級)
    劣化対策等級は構造躯体などに使用される、材料の劣化を軽減する対策です。本物件は最高等級です。
    ※3世代(おおむね75〜90年)まで大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するために必要な対策が講じられている。
  • 住宅性能評価を取得
    住宅性能評価を取得
    第三者機関(国土交通大臣登録住宅性能評価機関)が、客観的な基準に基づいて住宅の性能を評価する「住宅性能表示制度」を導入しています。
  • フラット35S利用可能
    フラット35S利用可能
    「ヴェレーナ北大宮レジデンス」は、[耐久性・可変性]を満たす住宅として、劣化対策等級3などの基準に適合し、【フラット35】Sの金利優遇が適用できます。
    耐久性・可変性
    • 劣化対策等級3
    • 維持管理対策等級2(共用・専用配管)
    • 一定の更新対策

※掲載の写真はモデルルーム(CoLタイプ/モデルルーム有償オプションプラン〈費用別途〉)を2021年2月に撮影したものに一部CG処理をしており、造作・仕様変更等のオプション品(費用別途)が含まれております。大きさや形状・仕様等は住戸タイプにより異なります。家具・調度品・備品等は販売価格に含まれておりません。
※「参考写真」の表記がある写真は、当社他物件や既存施設・設備及びメーカー提供の参考写真であり、形状・仕様・質感・色等は実際とは異なる場合がありますので、予めご了承ください。
※「Image Photo」の表記のある写真は全てイメージです。
※掲載の設備・仕様に関する説明はメーカー資料、または一般的な表現を用いています。使用状況や環境等により効果等は異なる場合がありますので、予めご了承ください。